太陽電池 ‐ 補助金事業は限界か。 @reuters_co_jp

独太陽電池のQセルズ、法的整理を申請へ

2012年 04月 3日 09:29 JST

[フランクフルト2日ロイター]ドイツの太陽電池メーカー、Qセルズ(QCEG.DE: 株価, 企業情報, レポート)は2日、法的整理を申請する方針を明らかにした
一時は脚光を浴びた太陽光関連機器業界は、価格下落や過剰生産能力、政府による補助金削減による打撃を受けており、最近もソロン(SOOG.DE: 株価, 企業情報, レポート)、ソーラー・ミレニアム(S2MG.DE: 株価, 企業情報, レポート)、ソーラーハイブリッド(SHLG.DE: 株価, 企業情報, レポート)など、ドイツや米国のライバル企業の破綻が相次いでいる

Qセルズは「金融リストラクチャリングに向けた代替策を懸命に探ってきたが、取締役会は、法的に十分な企業存続能力が回復できないとの結論に達した」との声明を発表し、事業継続に向け管財人と協議したいとの考えを示した

Qセルズは2005年に株式を上場し、世界最大の太陽電池メーカーとなったが、2009年にはアジア勢による低価格攻勢を受けて業界トップの座から陥落
価格下落圧力や業界の過剰供給に苦しんできた

同社株は2007年のピーク時に約84ユーロまで上昇したが、過去1年間に93%下落
2日には約40%下落し、わずか0.126ユーロに落ち込んだ

© Thomson Reuters 2012 All rights reserved.

独太陽電池のQセルズ、法的整理を申請へ | ビジネスニュース | Reuters