eコマース取扱高は8172億円15.5%増、ショッピング事業は3808億円【Zホールディングス2021年4-6月期】 | ネットショップ担当者フォーラム

8月10日 09:00

Zホールディングスの2021年4-6月期(第1四半期)におけるEコマース取扱高は、前年同期比15.5%増の8172億円だった。

Eコマース取扱高のうち物販系は6908億円で同5.7%増
ショッピング事業の取扱高は同0.4%増の3808億円
リユース事業の取扱高は同13.1%増の2283億円だった。
「ヤフオク!」の客単価向上や、「PayPayフリマ」の堅調な拡大で2ケタ成長を達成した。


Eコマース取扱高について(画像はZHDのIR資料から編集部がキャプチャ)

ZホールディングスのBtoCコミュニケーションインフラとして、「LINE公式アカウント」を全面的に導入
ショッピング事業の出店者への導入を進めており、7月28日時点で1万3773店舗が申し込んでいる。


LINE公式アカウントの拡大施策(画像はZHDのIR資料から編集部がキャプチャ)

ヤマトホールディングスとの連携を通じて配送品質を改善、ユーザー体験の持続的向上をを進めている。
出荷遅延率や受注から出荷までの速さなど、ヤフーの定める一定基準を満たした商品に「優良配送」ラベルを付与(商品お届け日が最短当日~2日以内、出荷遅延率が5%未満のストア)する取り組みでは、6月時点の取扱高に占める「優良配送」比率が、2021年2月開始時期と比較して約1.2倍となった。


ヤマトホールディングスとの連携について(画像はZHDのIR資料から編集部がキャプチャ)

「LINE」を通じて友だちにさまざまなプレゼントを贈ることができる「LINEギフト」サービスは取扱高が急速に拡大
5月の「母の日」キャンペーンが奏功し、「LINE」ギフトの取扱高は前年同期比203%増だった。


LINEを活用したソーシャルコマースなど(画像はZHDのIR資料から編集部がキャプチャ)

7月28日からはアスクル、出前館と協働し、日用品などの即配サービス「PayPayダイレクト by ASKUL」の実証実験を開始。
取扱商品の拡大や他地域・他サービスでの展開を検討する。

第1四半期におけるコマース事業の売上収益は同11.8%増の1959億円、調整後EBITDA(税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益)は同14.6%減の354億円。
コマース事業の売上収益が全売上収益に占める割合は52.5%。

情報源: eコマース取扱高は8172億円で15.5%増、ショッピング事業は3808億円【Zホールディングスの2021年4-6月期】 | ネットショップ担当者フォーラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です