朝日放送、神山まるごと高専開校支援、企業版ふるさと納税制度を活用|Screens

2022/3/23 14:00

朝日放送グループホールディングス株式会社(本社:大阪市 以下、朝日放送グループHD)ならびに、朝日放送テレビ株式会社(本社:大阪市 以下、ABCテレビ)は、2023年4月に徳島県神山町で開校予定の「神山まるごと高専」に対して、企業版ふるさと納税制度を活用した開校支援を行うことを発表。
マスメディアグループとしては初めての取り組みとなる。

朝日放送グループHDならびにABCテレビでは、同社グループが取り組んでいる「DX推進」ならびに「地域創生と社会課題の解決」の観点から神山まるごと高専の趣旨に賛同し、企業版ふるさと納税制度を活用した開校支援を行うこととした。
また、神山まるごと高専開校後も、放送と通信の枠を越えた産学連携を検討し、「テクノロジーとデザインで世界を変える学生」の育成、「神山から未来のシリコンバレーを生み出す」という地域創生を支援する。

「神山まるごと高専」は、徳島県神山町に2023年4月に開校予定の、 5年制の私立高等専門学校(認可申請中)。
「テクノロジー x デザイン x 起業家精神」を教育の土台としながら、神山という地に根ざし、社会を動かす人材「モノをつくる力で、コトを起こす人」の育成を目指すという。

※上記はあくまで予定であり、「学校法人設立並びに学校設置の認可」取得時期によって、開校を 2023年4月以降に変更する場合もある。

神山まるごと高専について

情報源: 朝日放送グループ、企業版ふるさと納税制度を活用した「神山まるごと高専」の開校支援|Screens|映像メディアの価値を映す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。