Miyukick a lemon bomb: 電子書籍時代の編集者

次に何が起きるのか?

セルフパブリッシングというシステムにより、個人で出版する人が増えるだろう。

出版の手順としてはおおよそ下記の通りとなる。

ISBNコードを取得

メタデータ(タイトル、著作権者名、などの付帯情報)を作成

HTMLファイルに変換

ファイルをアップロード

商品として発行(Publishボタンをクリック)

2月8日になりますが、佐々木俊尚さん(http://www.pressa.jp/)というジャーナリストが『電子書籍時代の編集者』というタイトルで、各社の編集者を対象に、タブレット、電子リーダー登場の意味と今後の予測についてお話しをされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です