私たちにほんとうの親友は4人しかいません/強い絆、弱い絆、一時的な絆/勉強になります @Capote

興味深いことに、私たちは本当の親友は4人しかいません
(3000人の米国人を対象にした調査データより)

Guess what? We only have 4 really good friends.

だから、どんなソーシャルネットワークも成功のためには強い絆の最大活用に注力する必要があります

So, any successful social network needs to focus on maximizing the strong ties.

一度に対処できるのは(ダンバー数として有名な)150名の知人だけです
(弱い絆の150名までが関係を維持できる上限で、これが脳の限界)

More Gladwell-esque data. We can only handle knowing 150 people at a time.

この150という数字は、古来受け継がれています
(新石器時代の農村は住人150人で分けられていた)

The 150 thing has held throughout time.

ローマ人ですらそうであったといわれています
(ローマ軍は150名単位でグループ分けし、メンバーはお互いを知っていた)

Even the Romans were into it, supposedly.

空気のような存在(絆)であっても私たちは彼らを信頼します

Despite the ethereal nature of these ties, we still trust them.

私たちはなぜ賢いわけではない友人を信頼するのでしょうか?それは私たちが自分自身を信頼できないからです

Why do we trust our bird-brained friends? Because we don't trust ourselves.

広告は誰かのネットワークの中にあるべきでしょうか?

Should you advertise across someone's network?

そう、私たちは友人の声に常に耳を傾けています

Yes! We listen to our friends all the time.

わかりますか?

See?

216ページにも及ぶ資料は、こちらからごうぞ

 

 

強い絆、弱い絆、一時的な絆:Facebook対抗サービスの開始が噂されるGoogleが、ソーシャルメディアをどう見ているかのプレゼン – Capote’s Connected Communications – 続・広報の視点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です