サタデー・ウェイティング・バー @sun_topi

番組概要

番組は、東京のとあるイタリアンレストランAVANTI”(アヴァンティ)」のウェイティングバー[2]で繰り広げられる客同士の会話を常連客(番組の進行役)の紳士と一緒に聞き耳を立てる…というものであり、キャッチコピーにも『東京一の日常会話』と銘打たれ、TOKYO FMのタイムテーブルにも掲載されている
タイトルコールも「Suntory Saturday Waiting Bar “AVANTI”」とされている
会話の内容には毎週一つのテーマが決まっている
会話の相手(=ゲスト)は芸能人が多いが、それ以外にも文化人、ミュージシャン、小説家、有名企業の会社員、政治家、ニュースキャスターなど幅広い
この中のごく一部のゲストは、常連客の誰かと交流があるという設定がある

番組内での設定が細かい部分まで作り込まれているのも特徴で、舞台となるイタリアンレストランの設定(後述)や、リスナーが店に行く途中に紳士と出会い、共に入店するオープニングや紳士がリスナーより先に店を出て行くエンディング、番組の中で演出として流れるジャズミュージックやドアの開閉音、シェイカーを振る音などの効果音が、リスナーを酒場にいるような雰囲気にさせている
また、番組進行役である紳士のほか、取手豪州、南由布子などの常連客の人間模様が細かく描かれているのも特徴である
決まり文句(主に進行役の紳士が使う)も多く、これも人気の理由の一つとなっている

会話の合間には音楽が挟み込まれるが、時にはその日のテーマに添ったショートストーリーが挟まれることがある
番組内で流れる曲にはフランク・シナトラなどによるジャズ・ヴォーカルナンバーが多く用いられている
また、トークテーマによっては、テーマに応じた曲あるいは出演したゲストの曲が用いられることがある

2006年4月から過去に放送した人気の高かったエピソードをポッドキャストで配信している
過去の放送の中から、配信日当日のトークテーマにあわせた内容の会話をもう一度聞くことができる

「AVANTI」について

番組公式サイトでの解説、ならびに雑誌『BRUTUS』2009年3月1日号の記事によれば、イタリアンレストラン「AVANTI」は東京都港区元麻布仙台坂上「近辺」に「実在する」レストラン、とされている
歴史的には「AVANTI」は第二次世界大戦後に米軍に接収された旧華族の屋敷の一つであり、1947年に米軍将校向けのクラブとしてオープン、1962年に米軍の接収が解除となり翌年から一般客相手のレストランとして営業を再開、そこから40年以上の歴史を有する、とされている
元々ウェイティングバーは「PERMESSO」(ペルメッソ)という別の名前のバーであり、初代バーテンダーのジェイクも当時から在籍していたとされている
現在の番組の収録も“「実在する」ウェイティング・バーから毎週収録を行っている”、とされている

オープニング

1997年頃までは紳士の紹介でリスナーをAVANTIに誘うようなものであり、「ひとつだけ約束してください
今日これから行くお店を、むやみに人に紹介しない、って
よろしいですか
」とAVANTIが隠れ家的な店であることを表すようなくだりが第一声に言われていた

1997年~2005年頃はAVANTIを探している一見客(=リスナー)に紳士が声をかけ一緒に向かうものであり、AVANTIの概要について説明をしていた

2005-2008年3月まではリスナーが紳士と出会って向かう道中での雑談(内容は当日のゲストが語っていたことについて)から入る形であったが、2008年4月からは「無理に、とは言いませんが、私に教えられたことは伏せて…」と、再びAVANTIが隠れ家的な店であることを表すようなくだりに戻った
同年12月からのオープニングでは、紳士はリスナーのことをAVANTIへの途上で出くわした常連客とみなしているようである

テーマ曲・ジングル

  • この番組では、オープニング・エンディングテーマ曲も基本的に同じである
    オープニングは半年交代で春(4月または5月くらいから)~夏の終わり(9月一杯まで)バージョンと秋(10月初め)~春まで(4月または5月はじめくらいまで)のバージョンの2種類がある
  • エンディングテーマ曲はジェイク時代は何年かに一度、変えられていたが、バーテンダーがスタンになってからは、基本的なエンディングテーマ曲は一度も変えられたことはない
    現在のエンディング・テーマはFourplayの”Li’l Darlin'”[3]が使用されている
  • ただ例外もいくつかあり、その日のみの特別なエンディング曲が用いられることがある
    ジェイクがAVANTIの40周年に来日した際には、ジェイク時代のエンディングテーマ曲が、その日一日限りで復活した
  • 最近ではエンディングが流れた後もストーリーが展開されることが増えている
  • ジングルは、ジェイク時代は基本的に2種類(番組のタイトルコールのもの、もう1つは番組のウェブサイトURIを言うもの)であったが、スタンがバーテンダーになった際、ジングルがもう1種類追加された

サントリー・サタデー・ウェイティング・バー – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です