「Optimism、Social、Happy、Epic」~進化するゲーミフィケーション http://goo.gl/ZZUB0

ゲーミフィケーションを機能させる4つのメカニズム

(1)しつこいまでの楽観性

Urgent Optimism – extreme self motivation. The desire to act immediately to tackle an obstacle combined with the belief that we have a reasonable hope of success.

(2)ソーシャルな構造

Social Fabric – the idea that people like one another better after they’ve played games with them, have a higher level of trust and a great willingness to work together.

(2)至福の生産性

Blissful Productivity – the idea that playing in a game makes you happier working hard, than you would be relaxing. Essentially, we’re optimized as human beings by working hard, and doing meaningful and rewarding work.

(4)叙事詩的な意味付け

Epic Meaning – players will be highly motivated if they believe they are working to achieve something great, something awe-inspiring, something bigger than themselves.

ジェーン・マクゴニガル氏のメカニズムから考えると応用範囲がやや限定的になってしまいますので、今回はWikipedia「Gamification」で挙げられている「達成したときにもらえるバッジ、レベル分け、プログレスバーなどによるプロセスの可視化、仮想通貨、クエストや表彰、バーチャルグッズのトレーディングやギフト交換、ユーザー間の競争、カジュアルゲームの挿入」などの要素からの応用を想定したいと思います

現在のところ広がりが目立つのはWebメディア企業によるゲーミフィケーションの導入です
日経ビジネスオンライン「ゲーミフィケーションでウェブサイトを活性化」(※閲覧には会員登録が必要です)が詳しいですが、Webサイトにユーザー同士のポイント獲得競争やバッジなどのバーチャルグッズを付与するfoursquare的ゲーム要素のレイヤーを加える分野です

進化するゲーミフィケーション(The Gamification Evolution)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です