「もし、私が森勇さんの立場なら、詫びません」 @kirik

もし、私が森勇さんの立場だったなら、詫びることなどしません
「馬鹿にしましたが、改めて聞きます
佐々木さんの書いた本、間違ってますよね
訂正していませんよね
何故ですか」「どうしてですか」を言い続けます
そのうえで「斜陽産業だと広告業界を揶揄していますよね
でも業態転換が進んだ広告グループでは収益性を回復しています
どこが斜陽ですか?」という話をし続けると思います
「USTやろう」と佐々木さんが水を向けても、「質問に納得のいく回答が出たらUST出てやる
2011年に新聞業界が崩壊するって本当ですか
いま2012年ですけど」とか回答すればよろしい
間違いなく、広告業界の一定割合は佐々木さんの一連の論説に好感を持っていませんから、青木さんの言う外野の一部はウェブで無名の森さんの肩を持つことでしょう
残念ながら、もう時期を逸してしまったのでこの作戦は無理でしょうが…

「ノリタカヒロ×イケダハヤト」から佐々木俊尚無双にいたるウェブ論争獣道(やまもといちろう) – BLOGOS(ブロゴス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です